ホーム > アーカイブ > 2010-02-22

2010-02-22

ヒアルロン酸

最近、ヒアルロン酸の高い「保水性」と「安全性」が注目され、近年では美容整形に用いられるヒアルロン酸注射をはじめ、化粧品や医薬品、健康食品、サプリメントなどで世間の話題を呼んでいますよね。

今日は皮膚とヒアルロン酸の関係についてお話しようかと思います:grin:

人間の皮膚は大きく分けて3層に分かれていて、表皮(角質層)、皮下組織、真皮という構造になっています。普段、私たちが目にするところは「表皮」の部分です。水分や栄養を蓄え、表皮に十分な潤いを与えているのが「真皮」で、これはコラーゲンやムコ多糖類などで形成されています。そして、ヒアルロン酸そのものは栄養素ではなく、毛細血管から全身の細胞に栄養素や酸素を運ぶ役割をしているムコ多糖類の一種なのです。ムコ多糖類とは糖を構成する炭素や水素、酸素のうち、酸素の一部が窒素に置き換えられたアミノ糖のことで、それを主成分とする多糖を意味しています。ヒアルロン酸はネバネバしているので、体内の細胞と細胞をつなげて円滑にする働きをしています。また、温度や湿度に左右されることなく、常に一定の保水性があることから、皮膚の弾力性や保湿を維持するために重要な役割を果たしているのです。つまり、真皮にヒアルロン酸が多く含まれていればいるほど、みずみずしい肌が作られるといえます。またヒアルロン酸はシワの除去にも有効なのです。また組織のボリュームを出ことも可能なのです。

少し難しかったかもしれませんが・・・。

ヒアルロン酸は人体にも存在する自然成分であり、一度注入すると半年間ほど真皮にとどまり、生体に吸収され自然消滅します。コラーゲンよりも安全性が高く、確実な効果が得られるということです。

おでこのシワが気になる。

目元、口元のシワが気になる。

もう少し鼻が高かったら・・。

もう少し唇がふっくらしていたら・・・。

こんなお悩みをお持ちの方ぜひヒアルロン酸注射をお試し下さい。

ちなみに私は鼻が低いのがコンプレックスで、もう少し高かったらと、、。悩んでいました。

注入後鼻筋は通り、サングラスがかけられるようになったのです。:cool:(今まで鼻が低くてかけられなかったんです涙)

今までの悩みは解決されました。:eek::eek:

今度は唇に注入しようかと:idea:そのときはまた報告しますね:razz:

ではまたのちほど:mrgreen:

フェミークリニック渋谷院がお届けする

医療レーザー脱毛・美容に関する情報ブログ!!

フェミークリニックの公式ホームページはこちらからどうぞ↓↓

RSS リーダーで購読する

ホーム > アーカイブ > 2010-02-22

カレンダー
« 2 月 2010 »
M T W T F S S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
アーカイブ
ページ

ページのトップに戻る